So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イギリスでも対テロ報復空爆を拡大か? [国際紛争]

イギリスでも対テロ報復空爆を拡大か?

イギリス議会では現在、シリアのIS拠点に向けて空爆するかどうかを議論しており、明日朝までには結論が出るとのことです。

予想では賛成派が多いようですので空爆開始が予想されます。
イギリス戦闘機1.jpg
イギリス戦闘機2.jpg

イギリスのキャメロン首相は「これは戦争だ」と言っています。
2001年の米中枢同時テロがあった時には、ブッシュ米大統領は「これは戦争だ」と宣言しました。。そして、アルカイダをかくまったアフガニスタンを攻撃し多くの市民が殺傷され、難民が拡大した記憶があります。

今回、アメリカ、ロシア、フランスなどと並びイギリスが加わって、対テロ空爆は、ますます拡大することになります。
軍事拠点だけを狙うということですが、テロ組織そのものは、市民の中に紛れ込んでおり、一般市民を殺傷しないかぎりテロ組織を壊滅させることが出来ないことはわかっていながらの空爆なのです。

こんなことでテロが収まるはずもなく、難民が増えてその中の不満分子が、テロ組織に加わっていく悪循環を繰り返すだけだと思います。

パリ同時テロの後、フランス軍は過激派組織「イスラム国」の「首都」、といわれるシリア北部ラッカを戦闘機によって空爆しました。

その結果落下では多くの市民が巻き添えを食って殺傷されています。
現地の国立病院では市民の死者75人負傷者340人と発表しました。

空爆はなんのために行われているのでしょうか?



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。