So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京都「おたべ」倒産?いや社名変更!驚いた [政治問題]

京都「おたべ」倒産?いや社名変更!驚いた
生八ツ橋.jpg

いやビックリしましたね~
京都の老舗、あの生八ツ橋で超有名な「おたべ」がなくなるって噂を聞いて、あれ!まさか倒産なんて無いよね!と我が目、我が耳を疑ってしまった。

いや「おたべ」様、申し訳ありません。
倒産なんてありえないことはわかっているんですが、それでもまさか「おたべ」をなくしてしまうのですか?

観光客もちょっと勘違いするのではないですか?それと、お客が減るかもしれないではないですか?

お話によると、この4月にすでに社名は「おたべ」から、「美十(びじゅう)」(京都市南区)に変わっていたんですね。

年商は68億円ということなんですが、生八ツ橋の売上が減ってきていたんだそうですね。会社としては、1965年に創業して翌年に生八ツ橋の「おたべ」を発売し、すでに50年近く経過しているんですね。

その中でバウムクウヘンとかの洋菓子類が伸びてきて、他社のブランドの精算も手掛けるなど、生八ツ橋の割合がどんどん小さくなってきたようなんですね。

それは会社が規模を拡大するにつれ、東京や大阪にも出店するようになって、やはり生八ツ橋の名前だけではやっていけないし、主に洋菓子にシフトしていったそうですね。

そのうち、事業形態は洋菓子が主体、生八ツ橋は京都が主体、という図式になり、全体として洋菓子のイメージにチェンジすることにしたらしい。

いずれにしても、生八ツ橋の「おたべ」に慣れ親しんだ消費者からは、この度の社名変更はあまり評判が良くないらしい。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。