So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アソーテッドクッキーなど賞味期限切れを使う [社会問題]

アソーテッドクッキーなど賞味期限切れを使う
アソーテッド・クッキー.jpg

大阪市此花区にあるUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)は、12月14日に、店頭販売していたクッキー約30万点が、実は、賞味期限切れの材料を使用していたと発表しました。

この賞味期限切れの材料を使用していたクッキーなどのお菓子類を製造していた会社は、菓子製造会社エリザ(大阪市天王寺区)で、判明しているものは平成23年と25~27年に販売したものだといいます。

これらのお菓子はすべて販売は終了していましたが、調査したところ
「アソーテッドクッキー」など計21種類で、その材料である小麦粉と砂糖や香料など9品目について、その賞味期限が、最長で約11カ月切れていたという。

普通11ヶ月も古い材料は、ちょっと怖いですね。
でも、健康被害は報告されていないようです。

この種の賞味期限切れの材料を用いて食品を製造することは、過去にも枚挙に暇がないほど多数見つかっては、その都度問題になっています。

一度このような事件が発覚すると、製造元は平謝りに謝るのですが、それを食べさせられる一般消費者のことを考えているのだろうか。

一般家庭でもよく賞味期限切れのものを使ったり食べたりすることがありますが、それはあくまで自己責任です。

しかし、製造業者には自己責任で済む問題ではありません。もし、健康被害が出たらどうなるのでしょうか?

これまで被害報告はないものの、食べ物による長期の蓄積や沈殿が将来健康被害に繋がる可能性もあります。

生産業者としての自覚をもっと高めて、徹底的な社内改革に取り組む必要があります。
当然のことながら、社長や当該業務に関係している役員は辞任して責任を取るべきです。

なお、この件に関する問い合わせはUSJ商品コールセンターフリーダイヤル0120・330503に電話して欲しいとのことです。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。